著作者人格権の種類

著作者人格権の性質

著作者人格権は、著作者の一身に専属し、譲渡することができません。
そこで、著作権を譲渡した場合などには特に、想定していなかったような形で著作者人格権が行使されないように、契約において取り決めることが必要です。

著作者がいなくなった後であっても、著作物を公衆に提供・提示する者は、その著作物の著作者が存在していたならばその著作者人格権の侵害となるような行為をしてはなりません。

公表権
著作者は、その著作物でまだ公表されでいないものを公衆に提供し、または提示する権利を有します。その著作物を原著作物とする二次的著作物についても、同様です。

ただし、公表されていない著作権を譲渡した場合には、著作物をその著作権の行使により公衆に提供・提示することに同意したものと推定されます。また、公表されていない美術・写真の原作品を譲渡した場合には、原作品による展示により公衆に提示することに同意したものと推定されます。また、映画の著作物の著作権が映画製作者に帰属した場合には、その著作物をその著作権の行使により公衆に提供・提示することに同意したものと推定されます。

氏名表示権
著作者は、その著作物の原作品に、またはその著作物の公衆への提供若しくは提示に際し、その実名・変名を著作者名として表示し、あるいは著作者名を表示しないこととする権利を有します。
その著作物を原著作物とする二次的著作物についても、同様です。

ただし、著作物を利用する者は、著作者の別段の意思表示がない限り、その著作物について既に著作者が表示している方法で著作者名を表示することができます。また、著作者が創作者であることを主張する利益を害するおそれがない場合に、公正な慣行に反しない限り、省略することができます。

同一性保持権
著作者は、その著作物及びその題号の同一性を保持する権利を有します。その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けません。

ただし、学校教育の目的上やむを得ない用字又は用語の変更その他の改変や、建築物の増築、改築、修繕又は模様替えによる改変、特定の電子計算機において利用できるようにするために必要な改変など、利用の目的・態様によりやむを得ないと認められる一定の改変は認められます。

ライセンス契約お問い合わせ
サイト内検索
サイトマップ

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて