著作権に含まれる権利の種類

複製権
著作者は、その著作物を複製する権利を専有します。

上演権・演奏権
著作者は、その著作物を、公衆に直接見せ、聞かせることを目的として、上演し、演奏する権利を専有します。

上映権
著作者は、その著作物を公に上映する権利を専有します。

公衆送信権等
著作者は、その著作物について、公衆送信、自動公衆送信(送信可能化を含む)を行う権利を専有します。
著作者は、公衆送信されるその著作物を受信装置を用いて公に伝達する権利を専有します。

口述権
著作者は、その言語の著作物を公に口述する権利を専有します。

展示権
著作者は、その美術の著作物、まだ発行されていない写真の著作物を、原作品により公に展示する権利を専有します。

頒布権
著作者は、その映画の著作物をその複製物により頒布する権利を専有します。
著作者は、映画の著作物において複製されているその著作物を当該映画の著作物の複製物により頒布する権利を専有します。

譲渡権
著作者は、その著作物(映画の著作物を除く)を、その原作品・複製物の譲渡により公衆に提供する権利を専有します。

貸与権
著作者は、その著作物(映画の著作物を除く)を、その複製物の貸与により公衆に提供する権利を専有します。

翻訳権、翻案権等
著作者は、その著作物を翻訳し、編曲し、変形し、脚色し、映画化し、その他翻案する権利を専有します。

二次的著作物の利用に関する原著作者の権利
二次的著作物の原著作物の著作者は、その二次的著作物の利用に関し、二次的著作物の著作者が有するものと同一の種類の権利を専有します。

出版権(出版権の設定)
複製権者は、その著作物を文書又は図画として出版することを引き受ける者に対し、出版権を設定することができます。
出版権者は、設定行為で定めるところにより、頒布の目的をもつて、その出版権の目的である著作物を原作のまま印刷その他の機械的又は化学的方法により文書又は図画として複製する権利を専有します。

著作権とは

著作権法で保護される「著作物」は、思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術、音楽の範囲に属するものをいいます。
著作物を創作する者が著作者です。

著作物には様々な分野のものがあります。
代表的な著作物は、次のようなものです。

小説、脚本、論文、講演その他の言語の著作物
音楽の著作物
舞踊、無言劇の著作物
絵画、版画、彫刻その他の美術の著作物
建築の著作物
地図、学術的な性質を有する図面、図表、模型その他の図形の著作物
映画の著作物
写真の著作物
プログラムの著作物

また、著作物に基づいてさらに創作された二次的著作物は、元の著作物の著作権とは別に、二次的著作物として保護されます。
また、編集物で、その素材の選択や配列によつて創作性を有するものは、その素材の著作権とは別に、著作物として保護されます。
また、データベースで、その情報の選択や、体系的な構成によって創作性を有するものは、データベースに格納された元のデータの著作権とは別に、著作物として保護されます。

著作権には、著作者の人格的な権利である著作者人格権と、財産的な権利である著作権(著作財産権)とがあります。

ライセンス契約お問い合わせ
サイト内検索
サイトマップ

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて