職務著作・共同著作

著作者は、著作物を創作した人をいいます。
著作物の原作品に、又は著作物の公衆への提供・提示の際に、その氏名・名称(実名)や、雅号・筆名・略称(変名)として周知のものが著作者名として通常の方法により表示されている者は、その著作物の著作者と推定されます。

職務上作成する著作物の著作者(職務著作)
法人その他使用者の発意に基づき、その法人等の業務に従事する者が職務上作成する著作物で、その法人等が自己の著作の名義の下に公表するものの著作者は、その作成の時における契約、勤務規則その他に別段の定めがない限り、その法人等となります。
プログラム著作物については、法人等の発意に基づきその法人等の業務に従事する者が職務上作成するプログラムの著作物の著作者は、その作成の時における契約、勤務規則その他に別段の定めがない限り、その法人等となります。

映画の著作物の著作者
映画の著作物の著作者は、その映画の著作物において翻案され、又は複製された小説、脚本、音楽その他の著作物の著作者を除き、制作、監督、演出、撮影、美術等を相当してその映画の著作物の全体的形成に創作的に寄与した者となります。
著作者が映画製作者に対し当該映画の著作物の製作に参加することを約束しているときは、当該映画製作者に帰属します。
職務著作の場合には、法人等に帰属します。

放送のための技術的手段として製作する映画の著作物については、放送する権利、放送されるその著作物を有線放送する権利、受信装置を用いて公に伝達する権利、著作物を複製しまたはその複製物により放送事業者に頒布する権利は、放送事業者に帰属します。職務著作の場合には、法人等に帰属します。
有線放送のための技術的手段として製作する映画の著作物については、有線放送する権利、有線放送されるその著作物を受信装置を用いて公に伝達する権利、著作物を複製しまたはその複製物により有線放送事業者に頒布する権利は、有線放送事業者に帰属します。職務著作の場合には、法人等に帰属します。

共有著作権
なお、いずれの場合にも、共同著作物の著作者人格権は、著作者全員の合意によらなければ、行使することができません。ただし正当な理由がある場合、代表して行使する者を定めた場合には代表者により行使することができます。
また、共同著作物の著作権その他共有に係る著作権(共有著作権)については、各共有者は、他の共有者の同意を得なければ、その持分を譲渡し、または質権の目的とすることができません。
共有著作権は、その共有者全員の合意によらなければ、行使することができません。ただし正当な理由がある場合、代表して行使する者を定めた場合には代表者により行使することができます。

ライセンス契約お問い合わせ
サイト内検索
サイトマップ

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて