秘密保持契約

秘密保持契約は、新技術・ノウハウ・企画などを共同開発したり、業務提携や交渉、プレゼンテーションや売り込みなどに際して提示・提供する秘密を、相手方に秘密のままの状態に保持してもらうための契約です。
秘密には、技術上の秘密だけではなく、ノウハウや、営業上の秘密、個人情報なども含まれます。
なお、弁理士は弁理士法により秘密保持義務を負っています。

秘密保持契約にあたっては、各種の注意点があります。
秘密保持の対象や、秘密情報を使用する目的の特定。
秘密を開示する相手や、対象者の特定・限定。
秘密保持義務を負った相手方が、さらに他の第三者との間でその秘密情報を取り扱う場合の規定。
秘密保持契約の終了後における秘密情報の取り扱い。
秘密情報を利用した結果生じた、新たな秘密情報や、知的財産に関する取り扱い。
秘密保持契約の対象となっていた秘密情報が適法に公開された後の、その情報の取り扱いに関する規定。
相手方と共同で新規に作成した秘密情報についての帰属。

その他、出来合いの雛形には不備なものも多く、個別の事案ごとに文面を練らないと使えないことが多くあります。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて