実施権の登録

専用実施権の設定、移転(相続その他の一般承継によるものを除く)、変更、消滅(混同又は特許権の消滅によるものを除く)又は処分の制限は、特許庁に登録をすることにより効力を生じます。

通常実施権は、登録をしなくても、有効な契約の成立により効力を生じます。
通常実施権は、その発生後にその特許権若しくは専用実施権又はその特許権についての専用実施権を取得した者に対しても、その効力を有します。

許諾による通常実施権は、実施の事業とともにする場合、特許権者(専用実施権についての通常実施権にあつては、特許権者及び専用実施権者)の承諾を得た場合、相続その他の一般承継の場合に限り、移転することができます。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて