プログラム著作物の登録

プログラム著作物の登録は、プログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律に基づき、文化庁長官から指定された、財団法人ソフトウェア情報センターにおいて行います。
また、登録されたプログラムに関し、登録事項記載書類の交付、官報への公示、年報の発行、検索サービスなどが提供されています。
申請書、明細書、プログラム著作物の複製物(マイクロフィッシュで作成)、登録手数料納付書などの書類や添付物件が必要になります。マイクロフィッシュとは、マイクロフィルムの一形態で、所定のフォーマットのフィルムの中に文書が写し込まれたものです。

実名の登録 (法第75条)
無名又は変名で公表された著作物の著作者が、実名の登録を受けるものです。著作者の人格権を保護し、登録を受けた者はその著作物の著作者と推定されます。著作権の保護期間が公表後50年間から実名で公表された著作物と同じように著作者の死後50年間となります。
申請者:無名又は変名で公表した著作物の著作者 、著作者が遺言で指定する者

第一発行年月日等の登録 (法第76条)
著作権者、または無名若しくは変名で公表された著作物の発行者が,その著作物が最初に発行・公表された年月日の登録を受けるものです。
登録された年月日に、その著作物が第一発行又は第一公表されたものとして推定されます。
申請者:著作権者、無名又は変名の著作物の発行者

創作年月日の登録 (法第76条の2)
プログラムの著作物の著作者が,そのプログラムの著作物が創作された年月日の登録を受けるものです。
登録された創作年月日に、プログラムの著作物が創作されたものと推定されます。
申請者:著作者

著作権・著作作隣接権の移転等の登録(法第77条)  著作権若しくは著作隣接権の譲渡等の登録、または著作権若しくは著作隣接権を目的とする質権の設定等の登録を受けるものです。
権利の移転等に関して登録することにより、第三者に対抗することができます。
申請者:登録権利者及び登録義務者の共同申請

出版権の設定等の登録(法第88条)  出版権の設定、移転等の登録、または出版権を目的とする質権の設定等の登録を受けるものです。
権利の設定等に関して登することにより、第三者に対抗することができます。
申請者:登録権利者及び登録義務者の共同申請  これらの登録の申請には、申請書、著作物の複製物、登録免許税などが必要です。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて