紛争処理

 弁理士は、特許、実用新案、意匠、商標、国際出願、国際登録出願、回路配置、特定不正競争に関して、裁判所で、補佐人として、当事者又は訴訟代理人とともに出頭し、陳述や尋問をすることができます。
 また、調停、和解、仲裁などの、裁判外紛争処理(ADR)により、紛争を解決することもいたします。
 権利の取得から、保護、活用、そして紛争処理までを一貫しておこないます。

 さらに、特定侵害訴訟代理業務試験に合格し、その旨の付記を受けたときは、特定侵害訴訟について、弁護士とともに訴訟代理人として、法廷に立って弁護、立証などの訴訟行為をすることができます。
 当サイト運営責任者は特定侵害訴訟代理業務試験に合格しております。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて