商標の不正使用・不使用・普通名称化

第三者による不正使用
不正使用商品の製造販売など、第三者による商標権・商品等表示の侵害、があったときは、その差止請求、廃棄除去請求、損害賠償請求などをすることができます。また輸入差止申し立てをすることができます。

権利者による不正使用の防止・管理
商標権者やライセンシーによる商標の不正使用をすると、取消により商標権が消滅する場合があります。
第一には、商標権者が故意に、指定商品・指定役務についての登録商標に類似する商標の使用等をしたことにより、商品の品質・役務の質の誤認、または他人の業務に係る商品・役務と混同を生ずることとなるときは、その商標登録を取り消す審判請求がされることがあります。

第二には、商標権が移転された結果、類似する登録商標同士が異なった商標権者に属することとなった場合において、その一方の商標権者が不正競争の目的で指定商品・指定役務についての登録商標の使用をして、他の登録商標についての業務に係る商品・役務と混同を生ずることとなるときは、その商標登録を取り消す審判請求がされることがあります。

第三には、ライセンスを受けた専用使用権者・通常使用権者が、指定商品・指定役務についての登録商標に類似する商標の使用等をしたことにより、商品の品質・役務の質の誤認、または他人の業務に係る商品・役務と混同を生ずることとなるときは、その商標登録を取り消す審判請求がされることがあります。この場合には、故意かどうかは関係なく、商標権者がその事実を知らなかった場合であっても、相当の注意をしていたことを証明できなければなりません。

商標の不使用の防止・管理
継続して三年以上、日本国内において、商標権者・専用使用権者・通常使用権者のいずれもが、各指定商品・指定役務について登録商標の使用をしていないときは、その商標登録を取り消す審判請求がされることがあります。

商標の普通名称化の防止・管理
登録商標であっても、第三者に使用されるなどして普通の言葉として使用されることを放置していると、その商品・役務の普通名称、その商品・役務について慣用されている商標うことがありえます。普通名称・慣用商標。単なる品質等の表示など、需要者が何人かの業務に係る商品又は役務であることを認識することができない商標になってしまうと、商標権の効力が制限され、誰もが使用することができるようになってしまいます。

ブランディング

ブランドは、その商標・営業表示を使用する営業者の、顧客への信用秩序を守る「約束」です。

そのブランドを通じて提供される商品の出所の表示、品質の保障、提供されるサービスの出所の表示、質の保証、企業姿勢、営業方針、顧客対応、これらを約束し続けることにより、信用が維持・増大され、広告・宣伝などを通じてさらにブランドが確立されるものです。逆に信用を失うことがあればブランドの信用が失墜します。
ブランディングは、こうしたブランドの約束を確立し、営業者と顧客との間の信用を増大させ、商標・営業表示にこめられたメッセージを伝えるためのあらゆる活動をいうものです。

ブランディングは、会社名・商品名・サービス名・サブブランドなどのブランド戦略の体系と管理システムの策定から、マーケティング、ネーミングの選定、商標調査、ロゴマークのデザインなどを通じて、ブランド戦略を立案します。
また、ブランドを通じて提供される商品、サービスの位置づけの策定、マーケティング、ロゴ・色彩・使用方法・商標管理マニュアルの設定、ライセンス方針の決定と契約、ブランドを通じて提供される商品・サービスの品質管理・チェック、アイテムの種類や販売方法等の管理、従業員やライセンス先へのブランド管理の伝達と教育、効果的な広告・宣伝、営業活動を通じた顧客吸引力・信用秩序の維持管理などを行います。
さらに、第三者による商標権・営業表示・ブランドの信用の侵害の監視、不正使用商品等の発見・摘発などを行います。
また、商標の不正使用の防止・管理、商標の不使用の防止・管理、商標の普通名称化の防止・管理を行います。

ライセンス契約お問い合わせ
サイト内検索
サイトマップ

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて